森 立志堂

石川県小松市の宝石・時計・眼鏡         

ロベルト・バッジョ

child-613199_960_720[1]

寒くなってきましたね。

こたつは皆さま用意されましたか?

こたつは人間をダメにするといいますから、

出さないほうが良いでしょうか?(笑)

 

 

先日というか、この間。

立志堂内でこんな話が出ました。

 

サッカーW杯が終わって何か月か経ちますが

サッカー好きな事務員さんとのお話の中で、

「一番好きなサッカー選手は誰ですか?」という話になり、

事務員さんが私は「ダビド・シルバですね」と言って

大家 「ダビド・シルバ?スペインの?」


事務員さん「そうです。○○さんは?」

○○ 「うーん。ロベルト・バッジョですかね」

事務員さん「ロベルト???バッジオ?」

 ○○「バッジョです」

事務員さん「バッジョ???誰ですかそれ…」

 ○○「えーー!バッジョですよ、ロベルトバッジョ!」

事務員さん「知りませんけど…どれくらいのレベルの人ですか?」

○○「ペレとかマラドーナとかジダンみたいなレベルです。」

事務員さん「うそー?本当に???バッジョ?」

○○ 「バッジョですよ?ロベルトバッジョ知らないんですか?」

事務員さん「全然知りません。本当にいるんですか?」

○○ 「バッジョですよ?」

事務員さん「そんなにバッジョバッジョ言ってるのは大家さんだけですよ」

○○ 「いやいや全世界でバッジョは知られてます」

事務員さん「知らないです。バッジョ押しは大家さんだけですよ(笑)」

○○ 「そうか…サッカーが好きでも知らない世代もいるんだ・・・」

 

 


ロベルトバッジョといえば1990年代のサッカーアイドルとして

多くのファンにファンタジスタとして親しまれましたが

2000年代からは、引退して、指導者になるでもなく

マスコミに出るでもなく暮らしているのでいくらサッカーが好きだとしても

「過去の人」になってしまっていてバッジョの名前も知らない世代が

生まれてしまっても仕方がないのだと思いました。

バッジョファンとしてはとても残念ですが、時代の流れを感じた会話でした。

 

 


今は、メッシとかクリスティアーノロナウドとか活躍していますが、

子どもが生まれてからサッカーとか見る時間が取れず今は全く見ていません。

また暇があればヨーロッパチャンピオンズリーグでも見たいなと

思う今日この頃と、立志堂での「サッカートーク」でした。

 

2018年11月11日 11:24

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文