森 立志堂

石川県小松市の宝石・時計・眼鏡         

たくましく生きるお花を発見!

image0 (3)
いつも森立志堂をご利用いただき有難うございます。

冬の気配が早くもしてきましたが、

みなさま体調など崩されてないでしょうか?


立志堂のお店の前にたくましく生きる

お花を見つけたのでレポートいたします。


立志堂の社長が

「大家くん!大家くん!ちょっとこれみてって!!!」

と言って連れていかれたのは、お店の前でした。

「これすごいと思わんか~~!!」

そこにたたずむお花は、必死で生きている。

コンクリートの上のわずかな土に根を張るお花。

西洋タンポポのような黄色いお花を見つけて、

「すごいね。みんな一所懸命生きてるんやね」

という社長。


「これをブログに載せよっさ!」というわけで

上記の写真がたくましく生きて咲くお花になります。


現在、石川県をはじめとして、クマが各地で目撃されており、

不安な日々を過ごされている方も多いかと思いますが、

くまもブナの木が実らず、エサがない状態で、

食い扶持を稼ごうと一生懸命に生きる結果として、

山を下りざる負えなかったのだと思います。


どんなにつらくても人だけでなく生物は、

生きようとする性を持って生まれてきています。

このお花にも意思があり、

どんな環境であろうと生きようとする意志は、

美しい懸命さを見せています。


そう思えば、どのような状況であれ、

すべてを受け入れて、その場所で咲こうと

自分もしようと少しは、思えます。


こんな小さなことですが、10月の立志堂に咲いた

エピソードでした。


スタッフ  大家
2020年10月18日 10:59