森 立志堂

石川県小松市の宝石・時計・眼鏡         

スタッフオオヤの風景~2歳児へおすすめ絵本付き~

photo-1489710437720-ebb67ec84dd2
たまに、ブログで書くスタッフオオヤの風景ですが、

お客様から感想で

「いい人なんだな~というのが伝わります」とか、

「文章書けるって頭いいですよね!」とか、

「ほのぼのしますね~~」など反響もあり、

たまにですが、ブログに書いていったり、

しようかなと思います。

いつも、森立志堂をご利用ありがとうございます。

ブログの最後に2歳児への

おすすめ絵本を3冊紹介しております。

もしよければ、あわせてお楽しみください。



ほぼ毎日、息子との朝のお散歩をしていますが、

今回驚くべきことは、もうすぐ3歳の息子の

語彙力が、高まって来ていることです。

本当にたくさんの言葉を覚えてきています。

その中でも、最近気になるのが「もしかして」ブームです。


「ママ、お洗濯干してるんじゃない?もちかして」

「コンクリートミキサー車走っていったんじゃない?もちかして」

「パパ帰ってくるの早いんじゃない?!もちかして」

「お姉ちゃんipadでゲームしてるんじゃない?もちかして」



などと言葉の最後に「もちかして」を付けるようになり、

ダンゴムシを見つけると、

「あっ!だんごむちや。かわいい」と

かわいいを口にする機会も多くなってきました。



先日最終回を迎えた「ドラゴン桜」の録画を

まじまじとみていたので、

これ見てどう思う?と聞いたら

「……かわいい女の子好きやち!」と

出演している女性がかわいらしくて好きという

男の子らしい発言も目立つようになってきました。


「たぶん」ブームもそろそろ訪れそうで、



「たぶんばあちゃんお風呂入ってるんじゃない?」

「OOちゃん、ブロッコリー嫌いなんや、たぶん…」

「たぶん、お姉ちゃん縄跳びするんじゃない?」



など「たぶん」という言葉も頻繁に口にするようになりました。

もう1ヶ月で3歳になりますが、2歳の時期に語彙力の

成長が大きく、親もびっくりするほどです。


自分は、子どもの成長を受け取り喜べることが、

しあわせであり、一番の人生のプレゼントなのだと

思っています。



これからも、子どもの成長を追っていこうと思いますし、

本人のやりたいことがあれば背中を押せるような

存在でありたいと思っております。






2歳になりたての男の子への絵本のオススメは、




『ぶーぶー じどうしゃ』作/山本忠敬 福音館書店


・丁寧に描かれた車とチョコチョコ登場する猫や犬にも反応し、

 細かいところに気が付く力が鍛えられます。




『おうちへかえろ』作: 三浦 太郎 童心社


・かわいいイラストで描かれたにぎやかな動物たちと

 一緒におうちに帰るのですが、

 ひとりぼっちになってしまう場面で寂しさも表現され、

 最後は、パパとママがいるおうちへ安心して帰ることで情緒が

 育つ名著です。



『はたらくくるまのずかん』作:五十嵐美和子 白泉社


・すこし2才には、難しいはたらくくるまが出てきますが、

 その難しさが、子どもの探求心をくすぐり、

 何度も読んでしまいます。まさに図鑑としての

 役割を果たしている絵本だと言えるでしょう。





また、気が付いた時に、お店と少し関係のないブログも

更新していこうと思っております。

今後とも、よろしくお願いします。





 
2021年06月29日 15:10