森 立志堂

宝石・時計・眼鏡         

真珠(パール)ネックレスの着用マナー

DSC_0388 (2)
みなさん、こんにちは。
梅雨です。ハマダです。

今日は6月の誕生石でもある真珠(パール)ネックレスの着用マナーについて調べてみました。
結婚式では幅広いデザインのパールネックレスが使えますが、お葬式で使えるのは限られたものになります。
結婚式でもお葬式でも使える、一生もののパールネックレスを買う際などぜひ参考にしてみてください。

●粒の大きさ
結婚式・お葬式ともに7mm~8mm程度が一般的。
結婚式では6mm以下の小粒、または9mm以上の大粒でも良い。

●長さ
結婚式・お葬式ともに鎖骨の辺りまでかかるぐらいの40cm程度が一般的。
結婚式では胸元辺りまでかかるロングネックレスでも良い。また2連3連の重ね着けでも良い。

●色
結婚式・お葬式ともにホワイトが一般的。
結婚式ではブラック系・ピンク系など色味のあるパールでも良い。

近年ではお葬式にブラックやグレーのパールを身に着ける人もいるようですが、本来はホワイトが基本です。
皇族の方々が葬儀に身に着けている黒いアクセサリーは、ブラックパールではなく「ジェット」です。
黒っぽい色はお葬式用のイメージがあるので、注意が必要ですね。

<まとめ>
結婚式でもお葬式でも着用できるのは、

●粒の大きさ:7mm~8mm程度
●長さ:40cm程度
●色:ホワイト

になります。


一生もののパールに出会えるといいですね。


ハマダ
2022年06月17日 14:00