森 立志堂

宝石・時計・眼鏡         

どんなサングラスを選べばいいの?

サングラス
サングラスの選び方って

暑くなって来ると同時に日光の強さも気になりだして、

サングラスでも買おうかなと思われる方も多いと思いますが、

サングラスは、見た目のカッコよさもさることながら、

目を守る機能を果たしています。どんなレンズの

サングラスを買ったらしいのか参考までにまとめてみます。


色が濃いだけじゃ...

サングラスを駆け出す人は、眩しさに目が行きがちなので

色の濃いサングラスを選んで買えばいいのかと

実は目に悪い影響を与える可能性があるレンズを選ぶことも

多いとお聞きしました。

実は、紫外線カットの性能とレンズの色の濃さは関係がなく、

サングラスは眩しさを防ぐためだけにかけるのではないです。




日常生活で短期間紫外線を浴びることは、眼の機能に問題はありませんが、

長時間紫外線を浴び続けると白内障や黄斑変性という病気を

引き起こす可能性があります。それらを防ぐことも考えて

サングラスを着用するといいでしょう。



紫外線カットのない色の濃いメガネをかけ続けると

目は暗いところでは瞳孔が開いてより多くの光を取り込もうとします。

紫外線カットのないサングラスをかけると瞳孔が開きより

目は光を取り込もうとしている状態で

紫外線をより多く取り込んでしまうことになります。



そこで、サングラスを購入するときに見てほしいのは紫外線透過率です。

目を守るサングラスの購入は紫外線透過率1%以下とか99%紫外線カットとか

紫外線の透過率を表記してあるサングラスを購入することをオススメします。


性能が良くなればなるほど金額は高い傾向にあると思いますが、

沢山昼間の野外での活動が多ければ多いほど良い性能のサングラスを選んだり、

そんなに野外に出ることもないし、ファッションで選びたいなど

ご自身のライフスタイルに合わせたサングラスを選ばれると

目にも優しく快適な生活を送ることができると思います!




まとめ

サングラスは光が眩しいからと言って色の濃さだけで選ぶと

瞳孔が開いて余計に紫外線を浴びることになりかねないので、

紫外線透過率が表記してあるサングラスを購入すると目の病気の予防になります。

サングラスのレンズの機能が良くなればなるほど金額は高くなるので

自分の生活の中でどれだけ紫外線を目に浴びる機会があるか

考えて自分のライフスタイルにあったサングラスを購入することが大事です!


森立志堂では、眩しくなくて紫外線もカットする優れたメガネレンズも

販売しております。ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。
2022年07月28日 11:02