森 立志堂

宝石・時計・眼鏡         

10月誕生石はトルマリンですね!

宝石のイラスト サンキューカード
いつも森立志堂のご利用ありがとうございます。

気温の変化とともに木の葉が

彩りを見せる季節となりました。

皆様は、いかがお過ごしでしょうか?




10月の誕生石と言えば、

「オパール」と「トルマリン」ですが、

トルマリンについては「無い色がない」と言われるほど多彩な

表情を見ることができます。

また、その色目によってトルマリンでも呼び名が変わってくることから、

今回は、トルマリンの呼び名について分かりやすくお伝えいたします。


 

トルマリンの色による呼び名の種類
 

パライバトルマリン

パライバトルマリンは、ブラジルで発見された水色のネオンブルー~グリーンの

色合いのトルマリンを指します。

1989年にツーソンミネラルショーの開催期間中にその美しさから

価値を200倍にまで高めた伝説の宝石であり、

他の宝石と比べてもその価値は高く、

現在では「キング・オブ・ジェム」と呼んでも

差支えがないほどのトルマリンです。

現在では、色合いの優しいモザンビーク産の品も出回っておりますが、

ブラジル産は、一層の評価を高めるばかりと言えるでしょう。
 

インディゴライトトルマリン

インディゴというとジーンズをイメージされる方も多いのではないでしょうか?

黒の強いブルーに若干ティールカラーが差し込まれたものもあり、

グリーンの色合いを見せるものもありますが、

しっかりと落ち着いたインディゴライトカラーは、

上品な、大人の、品格のあるというような言葉を連想させるような

高貴なトルマリンです。
 

ルべライト

ルビーと間違うほどの鮮烈な赤いトルマリンは、ルべライトと呼ばれます。

紀元前インドの鉱床にて発掘されたルビーだとされた宝石は、

実はルべライトだったという話もあるほど、見るものをルビーと

混同させるほどに、似た宝石と言えます。

ルべライトの語源は、ルビーと同じくラテン語で赤を意味する「ルベウス」ですから、

語源的にもルビーと同じというルビーとよく似た宝石と覚えると

覚えやすいでしょう
 

ピンクトルマリン

ルべライトの赤身成分を優しく薄くするときれいなピンクトルマリンになります。

ピンクトルマリンはトルマリンの中でも一般的な宝石であり、

10月の誕生石と写真が載っているとき、トルマリンの色はピンクだったりします。

それほど、トルマリンと言えばピンクトルマリンのイメージが、強い印象を

与えているのは、ピンクトルマリンの流通量の多さに起因するでしょう。

ピンクトルマリンの赤みが強くなっていったのがルべライトですが、

桜ピンク~ホットピンク~ルべライトまでの明確な定義はされておらず、

赤が強いピンク~少しブラウンがかったトルマリンまで、広い色合いを

カバーするのもピンクトルマリンの特徴と言えます。
 

グリーントルマリン

グリーンのトルマリンは、ピンクトルマリンと同様、もっとも手に入れやすい

トルマリンと言えます。グリーンガーネットやエメラルドのように

強いグリーンの輝きを放つものも多く産出されますが、

それほど、値が上がらないのがグリーントルマリンの特徴です。

よほど強いグリーンの色のりが良い品でもエメラルドと比べると

透明度が高く、重厚感が足りないということも言えそうですが、

グリーントルマリンの色合いはとてもきれいな宝石だということに

違いはありません。

 

バイカラートルマリン

興味が尽きないのがバイカラートルマリンです。トルマリンの原石が

その成長段階で色合いをかえ緑~ピンク、オレンジ~ブラウンなど

自然と2色以上の色合いが含まれているトルマリンのことを

バイカラートルマリンと呼びます。トルマリンの色は多彩ですので、

バイカラーの組み合わせは沢山存在するものの

色合いのきれいな濃い緑~ピンクのバイカラーが多く出回っている印象です。

バイカラーの色合いの入り方、どこで色変わりが起きるかをこだわって

探すとなかなか思うような品に出会うことができませんが、

きれいなバイカラーに出会うと感動するくらいの想いをされると思います。

興味が尽きないバイカラートルマリンです。
 

ウォーターメロントルマリン

トルマリンの原石を輪切りにするとスイカ(ウォーターメロン)のように

淵が緑、スイカの中身が赤みを持ったトルマリンのことをウォーターメロンと

いいます。質は様々で、透明度があまりないものから、

ジュエリーに加工するような、魅力あるトルマリンです。
 

カナリートルマリン

黄色いトルマリンの中でもカナリアのように蛍光を感じさせる黄色いトルマリン。

蛍光を感じさせるという点で黄色の色合いに魅力が上乗せされたような

印象ですね。どちらかというとイエローにほんの少しのグリーンを

載せたような色合いのカナリートルマリンが多いように思います。

蛍光が強いイエローを選ぶか、グリーンがかったようなカナリートルマリンを

選ぶかは好みの分かれるところでしょう。




トルマリンの色の多彩さは、他の宝石に追随を許さないほどの多様さを見せています。

10月には2021年に制定された日本の新しい誕生石は含まれておりません。

含まれていない理由のひとつとして考えられるのは、

「トルマリンに無い色はない」ということです。

どのような人間の心境も表現できる万能の宝石それがトルマリンである以上、

新たな宝石を加える必要はなかったのではないでしょうか?

この機会に多彩なトルマリンの世界をご覧になってみるのもいいかもしれません。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
2022年10月06日 15:00