森 立志堂

宝石・時計・眼鏡         

冬場のメガネレンズのお困りごとといえば?

メガネレンズのお困りごと
こんにちは。

冬場のメガネレンズのお困りごとといえば!

レンズの汚れとくもりが悩ましい時期ですね。


眼鏡は、顔にかけて目の前にレンズがあるわけですから、

眼鏡をかけていると何かと気になることがあります。

冬場に特に気になるのが「レンズの汚れ」と「くもり」です。


 

レンズの汚れ


レンズに触った覚えがないのになぜか汚れているということも

よくあることです。

メガネレンズは清潔にしているつもりでも

空気中に舞うホコリや外出時に不純物が付着することによって

メガネレンズは、汚れてしまいます。

メガネレンズは、まつ毛に触れていても汚れていくので、

一日に一回のクリーニングをすると

「汚れていて視界が悪い」という状態も少なく快適に過ごすことができます。


 

一日に一回のクリーニングというと


「一日に一回も?!面倒くさい!」という声をいただきますが、

クリーニングと言っても大げさなことではなく、

お水にメガネレンズを付けて(水道水で良い)

メガネレンズに広げるように指でレンズを優しく撫でて、

最後は、メガネクロス(濡れていればティッシュでも可)で

優しく水分をとってあげることによって

クリアでとてもきれいなメガネレンズになります。

かんたんに出来るメガネレンズクリーニングは、

メガネレンズの寿命も伸ばしますので、経済的です。


 

メガネレンズがくもる


電車に入ったとき、外から屋内に入ったときなど

メガネレンズが真っ白に...というのは冬場のメガネでよくあることです。

さらに、マスクを着用するようになってっからくもりに悩まされて

マスクの位置をずらしたり息が抜ける空気穴を調節したりと

面倒なことも調節しなければならなくなりました。

マスクによる「くもり問題」は、メガネにおける問題の常駐化を招いております。

2年前からHOYAというメガネレンズメーカーでは、

「KUMORI291」という名前のくもりにくいメガネレンズを

販売しており、絶対に曇りませんというわけではないのですが、

マスクの息が漏れるだけでは、曇らないような便利なレンズも

販売しております。

出来ることなら、良い視界で気持ちよく生活を送りたいですよね。

ストレスをあまり感じないストレスフリーな生活を作り上げるために

適切なメガネレンズを見つけて、穏やかに毎日を過ごしましょう。



 

冬場に気になるのは、メガネレンズの汚れとレンズのくもりです。


汚れは、水に浸けたクリーニングで、

くもりは、くもりにくいメガネレンズで

最適なメガネ生活を送りましょう。

森立志堂では、お客様のライフスタイルに合わせた

眼鏡のご提案をさせていただきます。

眼鏡のことで気になることがございましたら、

ぜひ相談下さいませ。
2023年01月20日 15:12